Youtuberの成功条件を考察してみた①

こんばんは。

 

副業が認められ始めている現在、収益の柱をいくつ立てられるかが、社会人の能力で新しく必要とされていると思っています。

 

そして、その手段の一つとして、Youtuberは確実に選択肢に入るでしょう。

 

そこで、今回はYoutuberとして「しっかりとお金を稼げる=再生数を増やす」ために、何が必要なのかを考察してみます。

 

 

成功事例

成功事例として、格闘家の「朝倉未来」選手の動画を例に出してみます。

 

www.youtube.com

 

朝倉未来という格闘好きなら知られている名前のプロ格闘家が、街の腕自慢のアウトサイダーと戦う(スパーリング)動画です。

 

2019/06/05に投稿されていて、今現在747万回再生されている動画です。チャンネル登録数は41万人。すごいですね。

 

明らかに成功している動画と言えますね。

 

タイトルを見て、最初はスルーしていたのですが、矢地選手との試合後に興味が湧いてしまい、僕もついつい見ちゃったわけです。

 

他にもたくさん面白そうな動画がありますので、是非見てみてください。

 

成功?事例

成功?事例といっても、見られていない動画なんてどこにでも転がっているんで、対比しやすいものとして抜粋しました。

 

www.youtube.com

 

これもプロ格闘家の「朝倉海」選手の動画です。朝倉未来選手の弟ですね。

 

朝倉未来選手同様、朝倉海選手も人気の格闘家で、最近は堀口恭司選手を秒殺するなど、今日本で一番勢いのある選手の一人といえます!

 

しかし、この動画は2019/07/03に投稿され、今現在36万回再生で、チャンネル登録数は13万人です。

 

もちろん、十分じゃないか、と思う方もいるかもしれませんが、同時期に投稿された朝倉未来選手の動画と比較して、差があると思いませんか。

 

これは、なぜなんでしょうか。

 

 

 

 

考察

この二つの動画の差を見たときに、僕は陥りがちな一つの考えを否定できました。

 

それは、Youtuberをやっている本人が有名なら、再生数が伸ばせるという考えです。

 

例に出した動画の投稿時、二人の知名度は、それほど差がありませんでした。(今は朝倉海選手の躍進で朝倉海選手の名前が売れているように思えますが)

 

なので、知名度はさほど関係ないのです。

 

また、朝倉未来選手のキャラクターがウケた、というのも違います。

 

頭がキレ、クレバーな未来選手の人間性がウケたのであれば、動画がアタるのが早すぎるためです。

 

深く考えなくても、TVで出ている芸人や芸能人が、それほどバズらないことも出演者のキャラクターと再生数の関係性を物語っていますね。

 

 

 

で、何が重要なのかというと、やはり企画なのです。

 

当たり前ですが、やはり企画こそが再生数に直結する、シンプルで唯一の方法です。

 

ではどのような企画にすればよいのか?

 

それは、「専門性×関係ないが、専門性に関連している(と視聴者が思っている)こと」です。

 

未来選手の動画はその方程式「格闘家×ケンカ」に当てはまっていますし、他の動画を見ても、その方程式にあてはめることができるものが多いのです。

 

つまり、皆がなんとなく想像しているが、実際に目の当たりにしないことを専門家が代わりにやることによって、視聴率が稼げるのです。

 

海選手の動画は、完全に格闘家と関係ないですね。どちらかというと、専門性という「プロ格闘家」よりも、海選手本人を前面に出しています。

 

だから、海選手自体に興味がある人以外は見ないため、このような差ができていると思われます。

 

プロ野球の投手が本気でドッヂボールしてみた!」とか、面白そうではありませんか。

 

Youtuber成功のためには、視聴者の妄想を見せてあげることが重要と思います。